FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから

すっかり新年も明けてしまいました。



 近況でも。

昨年夏に犬君が突然身体を手放し、その後天使になり・・・同化。
全てを受け入れるだけしか出来ない母ちゃんは、ただ状況を受け止めるだけです。
それでも、少しは前に進もうと、次の仔の名前を考える日々。
 次の仔。
元々、『今回だけは子犬から育てたい』と願い、犬太朗と巡り会えた母ちゃん。
その頃から『もし次の仔をとなったら保護犬も視野に入れよう』と思ってました。
ただ、保護犬についての悩みもあり、決定はしていません。
早急に考えなくてもいいと思っていたからです。
それは今でも同じ。
次の仔選びは犬太朗に任せてあります。
だから今回も母ちゃんは『ちゃんと見つける』だけでいいと思っています。

それに、『まだ今じゃない』って気がしてるのも現状。
なのでその時が来た時に慌てないためにと、名前の候補を考える日々。
男の仔なら助六(すけろく)、女の仔なら揚巻(あげまき)ってのが第一候補。
どちらにしても絶世の美男・美女なので、犬太朗的には『おいらよりもかっちょいい仔なんてそうそういないから難しいよ』との事。
 そうだよね。わかってるよ。
でもさ、顔じゃないんだ。顔じゃお前に敵う仔なんてそうそういないからね(←まだバカ親)

保護犬じゃないかもしれない。
バニじゃないかも知れない。
そもそも犬じゃないかも知れない。。。。
バニだったらいいなぁ〜ぐらいな気持ちでゆる〜く思ってます。


血中犬濃度が下がると聖やソフィーでチャージしてたりする母ちゃん。
お嬢さん方はこんな犬太朗母ちゃんに最大限の信頼を寄せてくれているので、大変癒されます。
 ただね、時々・・・バニをもふもふしたくなる。もふもふ。
近所にバニがいない犬地方。血中バニ濃度はえんぷちーのままです。



今でも時々、犬太朗の写真を眺めてます。
改めて思うけど犬太朗って、整った顔をしてたのね。(←やっぱりバカ親)

 正面
CIMG0302_20190106150219aa5.jpg
目は小さめだけど、アンテナもついてるけど・・・
白は多すぎず少なすぎずだし、麻呂眉もいい形してる♪

横顔
CIMG0196.jpg
CIMG9571_20190106150233693.jpg
うん、ほぼ左右対称。ほぼ完璧じゃないですか!(←再びバカ親)
 確かに犬太朗の言う通り、おいら君よりいい男を探すのは難しいかも知れない(笑)
次の仔候補の助六さんって名前・・・やっぱり難しいのかな?
 いやいや、母ちゃんが気に入っている助六さんのいいところはマザコンだし忠実ってところ。
そういう仔を探して欲しいって思ってるんだよ。

いつの日か、犬太朗とは違う形でいいから相棒になってくれる仔と暮らしたい。
そのために今は・・・・母ちゃん、まずは風邪を治します!!!
スポンサーサイト

お出かけwith天使ちゃん その3

お山を降り、お風呂に入り、ちょっと寄ってみたかったところに寄ってから、車中泊会場へ。
犬太朗と一緒にお出かけしてる時に何度か使わせてもらっている所。
今回もお世話になります。
 いつも通り、アイドリングはしませんよ。
そもそもそんな寒くないし。(前回は氷点下だったな・・・)

犬君本体が居た時、母ちゃんは寒くなると犬太朗で暖をとってました。
脇の下や内腿、耳に指を入れたりして。
 本体がないとそれが出来ないのか。冬、どうしよう。。。。
そんな事を思いつつ、犬太朗スペースで広々寝ます。
広々なのに目が覚めた時に半分に寄ってたのは、、、、お前、もしかして一緒に寝てたのかい?
なんて。


早寝したから早起き。
またしてもご来光狙いで行こうかと思ったけど、どうにもこうにも「あれ?お山はどこ?」な曇りっぷり。
  ご来光は諦めて、明るくなってから移動しようか。



装備を整え、登り始める頃にはそれなりの天気。
CIMG1985_20181121225327610.jpg
ちょっと雲はあるけど、早朝よりは全然いいね。

このお山に来るのはいつも雪の時。
雪が無い時期に来るのは初めて。
 なんだかちょっとワクワクするね。

犬太朗が好きなタイプのコース。
道幅が広いから、母ちゃんの隣を歩けるもんね。
それに坂もきつく無いし、踏み固められた歩きやすい道。
嬉しそうに尻尾を上げ気味に歩く犬君の姿が・・・幻だけど見えます。
 そうだね、お前の好きな感じのところだね。
母ちゃんも好きだよ、こういう道。

まったりしたお山歩が好きだった犬太朗。
でもね、本当のところは・・・
 母ちゃんがずっと笑顔で歩いてるのが好きだったんだね。
険しくても緩やかでも、母ちゃんが嬉しければ犬太朗は嬉しかった。
それは母ちゃんも同じだよ。
犬太朗がにこにこしてたから母ちゃんもにこにこだった。



なーんて考えながら歩いてると、前方にイノシシ!!!!
えっ!? 鹿とかは想定内だけど、イノシシはちょっ、怖っっ!!!
うわうわ、どーしよー
っと思ってたけど、それはイノシシさんも同じだったみたいで、走り去ってくださいました。
 あぁ、よかった。
そっか。ここはナチュラルな動物さんの生息域。
お互い怖い思いをしないように、「通りますよー」サインを出し続けなくては。
熊鈴。母ちゃん用と犬太朗用の2つ。カランコロンとリンリン。
 犬太朗用の熊鈴・・・もっと下の方で鳴らしたいなぁ〜
(バックパックにくっつけてたから、音がする位置が高い)
せっかく犬太朗用の熊鈴をリニューアルしたばっかりなのに、お前ってばあんまり使わないうちに・・


雪の無い季節にきたのが初めてなので、想定外に早く進行してしまうお山歩。
空は綺麗だし、今日は風も穏やか。
CIMG1987_20181121225328084.jpg
こっちのお山から観たいと思ってるあっちのお山、この天気なら観れるかなぁ?

目的のさんちょが見えそうで見えない場所まで来ましたよ。
CIMG1988_20181121225330d84.jpg
そうそう、初めて来た時、ここで折り返そうとしてたのに・・・
下山してきた団体様に煽てられて山頂まで行くことにしたんだよね。
登って初めてあっちのお山が見えて、感動したなぁ〜。
あの日も楽しかったね。いつ来ても楽しかったね。
 風が強すぎてめげた日も、それでも楽しかった♪

さっ、後少しだからてくてく行きましょう。

途中、わくわくする気持ちを抑えきれず、振り返ってあっちのお山を観ます。
CIMG1990.jpg
あれっ?雲であっちのお山が・・・・見えそうで見えない!

太陽が昇れば風が吹いて雲が飛ばされるかも知れない。
太陽さん、がんばれ!
CIMG1991_201811212253330c0.jpg
そうそう、もっと輝いて!!!

サクッとさんちょ。
CIMG1993.jpg
ん?半分雲海?ガスってる程度?
なんだか微妙だね。

さぁ、肝心のあっちのお山は・・・
CIMG1995.jpg
あらまっ、雲がかかっちゃって全然観えないじゃん。
さっきより雲が増えてるー。

仕方ない、ちょっと晴れ間ちしながら下界の景色でも堪能しましょう。
CIMG1998_2018112407484887b.jpg
半分の世界だな。。。。びみょー

母ちゃんの予想と期待とは反対に、どんどん雲が増えてきて、あっちのお山は完全に雲の中。
CIMG2011_20181124075643839.jpg 
今日はダメだな。
でも昨日じゃなくて良かったのかもしれません。
 昨日はあっちのお山の反対側をお山歩してたので・・・景色どころか道中が困難だったかも。
そうだね、そう思えば完璧なプランだったね。

景色が残念でも犬太朗には関係なかったなぁ〜。
お山歩が好き。お山歩してるだけで楽しい。そうだったね。
犬太朗好みのお山歩道かどうかの違いだけ。
 さっ、君が好きなタイプの道を歩いて帰りましょう。
CIMG2014.jpg
こうやって写真で見るとなんだか寂しい道に見えるけど、実際はそうでもないです。
だって母ちゃんの隣には幻だけど相棒がいるんだもんっ。

るんるん歩いてたのですが、ふと「ねぇ母ちゃん、何か変じゃない?」っと幻聴。
確かに、何かおかしな感覚。
 ふと何気なくコンパスを見ると
CIMG2017.jpg
太陽が昇ってきてるのが写真左斜め上方向。。。。。
確かにおかしい。
昨日は完璧だったこのコンパス。いやっ、さっきさんちょで見た時も完璧だった。
そういえば何か鳥さんも騒いでる。
 何だかおかしいので早々に車に戻りましょう。

車に戻った時、コンパスは正常でした。一体何だったんだろう???
まっ、いいか。




犬太朗とのお約束の一つをまた守れました。
雪の季節にまた来なきゃ。

 さてと、寄り道しながら家に帰りましょうか。
寄り道の途中、時間調整で道の駅で足湯。
ふひぃ〜っと浸かっていると、居合わせた観光客さん達から情報が。
これから寄り道しようとしている場所、人気があるらしくかなり並ぶかもって。
 まぢ?

1時間前に寄り道スポットに到着すると、すでに15人以上並んでます(汗)
 まじか。こりゃ10分前とかに到着してたらげんなりして帰ってたかもっ。
もちろん、情報を教えて下さった方も10番目ぐらいに並んでいらっしゃいました(笑)
 おじちゃん、教えてくれてありがと。
おかげで第一集団に入れて、いざ、出発。
CIMG2019.jpg
誰が被ったか分からないヘルメットが苦手なので、母ちゃんはマイヘルメット持参。
(ちゃんと高所作業用なので安全基準は満たしてます。特別にOKもらいました)

父ちゃんが観たがってた見学ツアー。
お休みが取れなくて観れない父ちゃんに代わって、母ちゃんが観るですよ。
CIMG2033.jpg
あっ、前回よりもちょっと成長してる!

建造物は凄いけど、ここが全部水没すると思うと複雑。
CIMG2064_2018112408355475a.jpg
もう叶わない事だけど、工事着工前のここに来てみたかったな。

見学ツアーを終え、ちょっとぷらぷら付近をお散歩。
さっき居た場所を引きで観れるところへ。
CIMG2093_20181124083555ef6.jpg
水没エリア。次に来る時はまた違う景色になってるんだろうなぁ〜。

ダムカード(建設中)をゲットして、帰路につきます。
帰りの高速道路でバロン号に抜かれたと後に判明。
 バローン、ニアミスぅ!会いたかったよぉ。


今回の天使ちゃんとお出かけ。これで終了です。
 いろいろ分かった気がします。
犬太朗の気配がある日を境にあまり感じられなくなった事に関してや、気配がある時の姿が天使かそうでないかの違い。
まだ迎える予定は全く無い次の仔の名前の候補が一つに絞れない事。


犬太朗、昨日父ちゃんが犬号にスタットレスを履かせてくれたよ。
約束だった雪遊びに行かなきゃの季節が近づいてきたね。
交代でラッセルしてくれる相棒がいなくても母ちゃんは行けるのか?
 天使ちゃん、道を作っておくれ。母ちゃんを先導しておくれ。
雪だったら前を歩いていいんだから、ちゃんと先導しろよ。
約束だよ。



お出かけwith天使ちゃん その2

バニフェス会場を後にした犬号はそのまま北上方向へ。
 んとは最近とある方のブログで知った食べ物を食べてみたかったのですが・・・
独りで食べるのってどうなのよ?って思って今回は断念。
(いつか家までお持ち帰り出来る日程で立ち寄る機会を作って食べてみよう。うん)
そのまま北上を続け、目星をつけていた温泉へ。
 不思議なお湯(疲れは癒されたけど、出た瞬間から寒さを感じる)に浸かって、車中泊会場へ。

『犬太朗。お前ってこんなに広々と寝てたんだね。』

今回、犬太朗が寝てたスペースで眠ることにしてた母ちゃん。
快適じゃん。。。。犬君スペース。
脚は伸ばせないけどさ、広いじゃん!!!!
今まで母ちゃんは運転席で座ったまま車中泊してたのに・・・お前、贅沢してたな。


っとゆったり眠った翌朝。
まだ暗いうちに起きて準備するも、この日に行こうとしてるお山がガスって見えない状態。
ちょっと様子見しながらのんびり準備。

実はプラン4まで考えてた今回のお出かけ。
お山歩したくて、4つの山プランを考えてました
①バニフェス当日に登ったお山。
②体力がありそうなら今がチャンスと行ってみたいお山
③今年こそ犬君と行ってみようと思ってたお山
④犬君の誕生日会の時に登ったお山

 ①は昨日行ったので済み。
残りは母ちゃんの体力次第で決めようと思ってました。
朝起きた時に元気だったから、プラン②に決定。
火山レベルが下がって登れるようになったお山にチャレンジすることにしましょう。
体力的にやばそうなら途中de断念する事を念頭に、予定より1時間遅らせて登山口に到着。
登山口に到着する頃にはガスも晴れ、いい天気。
 よしっ、行けるところまで行って帰ってこよう。



いざ、出発!
CIMG1924.jpg
んふふっ、いい天気だぞ♪

このお山は「ペットを連れての入山はご遠慮ください」な山。
犬太朗とは一緒に行けないお山だけど・・・本体無いからいいよね。
天使ちゃん、母ちゃんと一緒に登りましょう。

しっかり踏み固められた歩きやすい道。
犬太朗が好きな感じの風景が続きます。
 ふと膝の裏に感じる気配。犬君、ちゃんとついて来てるね。
気配は母ちゃんの横だったり前だったり後ろだったり・・・って、前はどうなの?
雪じゃ無いから前はダメじゃ無い?
でも天使だからいいか。
 なーんて幻を感じながらてくてく歩きます。
CIMG1925_20181119231637d30.jpg 
イチノトリイだ!

犬君本体がいた頃は「ハイキング」なお山しか行ってない母ちゃん。
今回はちゃんと気を引き締めて登らないといけないお山。
無謀なチャレンジかも?って思いつつ、ダメだったらすぐに登頂は諦めるつもりで歩きます。
 ルートマップは頭に叩き込んであるはずなのに、何故かニノトリイが分からなかった。
道は合ってるのに何故?っと思いつつ歩き進めると・・・
   わぉ!いい感じの道!
CIMG1931.jpg
そうだね、こういう道、犬太朗は好きだったねー。
 母ちゃんの少し前をるんるんしながら歩く犬君の幻覚が見えます。
だから前は・・・天使ちゃんよぉ・・・・天使だからいいか(笑)

朝、お山がガスって見えなかったとは思えないほど、いい天気になってます。
CIMG1933_20181119231640874.jpg
あぁ、綺麗だ。空も綺麗だし山も綺麗。
  隣に可愛い犬がいたら完璧なのに・・・(ちょびっとうるうる)


景色を眺めつつ休憩しつつ、てくてく。
森林限界が近づき、目的地方向への視界が開けてきます。
CIMG1938_20181119231641663.jpg
おぉ、おぉ、おおおぉー。

どちらかというと南西方向から出発したお山。
歩き進めるにつれ北西方向の視界が開けてきました。
CIMG1939.jpg
どんどん景色が変わってくー!すごいなぁ〜〜
 しかーし、足元はどんどん・・・ガレ場?ザレ場?
CIMG1940_201811200636094a3.jpg
しっかり歩かないと転びそうだし、ずっと上り坂だし、左足だけ靴ずれ出来たし。
それに森林限界を超えてから、風が強い!!!!
さっきまで暑くてもう一枚脱ごうかと思ってたのに、今度は着なきゃな感じ。
 自然ってすごいな。

一歩一歩着実に歩き進め、時々休憩。
CIMG1944_20181120063611515.jpg
あっ!前にお前と一緒に登ったお山が見えたよ。
雪の季節だったね。ソフィーも一緒に途中まで行ったんだよね〜。
楽しかったね。お誕生日会、楽しかったね。
 目が良ければお泊まりしたお宿が見えるかも?っと目を凝らすも・・・・無理だよ(笑)
大体の場所はわかるけど、ピンポイントまで見えないや。

犬君との思い出の場所を眺めながら休憩。幸せなひと時。
犬太朗とお山歩。お前は最高の相棒だったね。
母ちゃんのペースに合わせて歩いてくれるし、めげずに自力で頑張って歩いてくれてた。
登れなくてお前のお尻を押してあげたのは2回ぐらいあったけど、基本的に自力で歩いてくれてたね。
ルートを外れることもなく、母ちゃんの横か後ろをつかず離れず・・・時々ぶつかりながら(笑)
ナイス相棒。何度そう伝えたっけ。
 今は天使ちゃんだけど、天使ちゃんがいるから母ちゃんは見た目ひとりだけど寂しくない。
やっぱりナイス相棒。
それにさ、君との思い出のお山があるのも素敵な事だよね。
こうやって初めてのお山に来てるけど、思い出のお山が見えるだけで、幸せだったあの日が蘇る。
ニコニコしてたね。楽しかったね。ただ歩いてるだけなのにとっても幸せだった。


さぁ、行けそうだから山頂まで一緒に行こう。
天使ちゃんと母ちゃんで・・・心を一つにして登頂しよう。
てっぺんはすぐそこ。(今回は間違えようがないよ!)
CIMG1946.jpg
 っとその前に、ここで上着きておこう。
風がね、んとに強くてさ。
髪の毛はとっ散らかるし、ティッシュは細心の注意を払わないと飛ばされそう。
 それにちょっと雲が出てきた。午後は天気が崩れるらしいからちょっといそごうか。

えっちらおっちら。
単独行程の良いところは、いつでも自分のペースで進める事。
相棒君が居た時も基本は母ちゃんペースだったけど、時々犬太朗タイム(トイレだったりお水だったりおやつだったり)があった。
でも今は・・・・天使ちゃんには・・・そんな時間は不要。
それでも時々立ち止まって、いつも頭があった場所をさわさわしちゃう。
触れられないけどそこにお前の顔があって、触れるとニコニコして、お尻を差し出してくる気がするんだもん。
 そっか。お前を撫でる時間も含め、総合的に母ちゃんのペースだったんだよね。
それは今でも変わらないよ。
CIMG1951_20181120063614ffe.jpg
どんどんてっぺんが近づいてきた。
それにしても一切植物が生えてないってのもすごいなぁ。


 さんちょーとーちゃく。
CIMG1953_2018112010012927e.jpg
すげーっ!!!!わぉーーー!わっほ〜〜!
母ちゃん、登れちゃった。登れちゃったよ。あらまっ。

火山レベルがあるので本当の山頂とは言えないけど、今回目指した場所へは来れました。
 本当の山頂は・・・
CIMG1955_20181120100130498.jpg
よくわかんないけど・・・・行けなくて正解な気もする。。。。
かっこいいお山だと思ってたけど、こうやって観るとちょっと怖いお山だね。


山頂でのんびりご飯。なんて言っていられないほどの強風(汗)
それに噂通り向こうの方からから天気が崩れ始めてる。
CIMG1957_201811201001318e7.jpg
うーん、雨は降らないだろうけど、早めに降りた方が良さそうだ。
気合でバックパックを下ろして、甘酒を一口。うまっ!
パンも一つ取り出して、
CIMG1961_20181120100133f53.jpg
これも食べ歩きって言うんだろうか???
 稜線を、パンを齧りながら甘酒片手に下山する母ちゃん。
誰ともすれ違わないうちに食べ終えれて良かった。


下り坂。ガレ場は特に慎重になる母ちゃん。
 めっちゃ遅いです。自分でもびっくりするぐらい下山に時間がかかるっ!!!

それでも森林エリアに入ったら余裕が出て、また景色を楽しみながら歩きます。
あっ!なんか素敵な苔の切り株。
CIMG1963_20181120100135e9e.jpg
行きも同じ道を通ってるのに気がつかなかった。
こういうのが好きになるってのは、母ちゃんが年をとったってことだなぁ。しみじみ。


てこてこ歩いて、行きにバイオトイレをお借りした〇〇館前に到着。
デッキのベンチでパンと甘酒の残りをもぐもぐしてたら、小屋の中から「お茶、ご馳走してくれるっていうから、中へどうぞ」と先行して歩いていたお一人様のお姉さん。
暖かい小屋の中で、管理人さんのご好意の蕎麦茶をいただきながら、お一人様登山を楽しんだ3組&管理人さんでしばしご歓談。
 母ちゃん以外はお山に慣れてるベテランさん。
装備が違う。ちゃんとしたお山仕様だし、それでいて「ぷらっと日帰りプチ登山」の軽めの装備。
母ちゃんは・・・ちゃんとした靴、欲しいな。母ちゃんの足に合う、ちゃんとした靴。

お山の話、地元のお店の話なんかをしながら、そば茶でほっこり。
いいな、こんな感じ。お山を愛してる人に悪い人はいないって思っちゃう。
犬を愛してる人に悪い人がいないように。。。
 犬太朗、何かを愛してる人って、いい人が多いね。


たっぷり30分ぐらい休憩して、さぁ、天気が崩れる前に犬号まで戻るよ。
同時に小屋を後にしたお一人様さん達は、あっという間に見えなくなり・・・
母ちゃんはまたしても母ちゃんのペースでのんびり下山しましょ。
 あっ!!!!行きには分からなかったニノトリイが!!!
CIMG1967.jpg
そっか、崩れてたからわかんなかったのか。。。
台風の被害かな?崩れちゃってたんですね。

行きは寄らなかった滝を見るルートを帰りは選択。
CIMG1972_201811201057011b7.jpg
これって、言わば「温泉」が流れてるようなものだよねぇ。
上の方では硫黄臭がすごかったもん。

ちょびっとぬかるみの沢沿いの道を歩いたりしながら、着々と降りていきます。
っと、途中でトイレに行きたくなる母ちゃん。
甘酒と蕎麦茶とお茶とお水が・・・(水分取りすぎか!?)
でももう少しで登山口。登山口にはトイレがある。
 あれほど犬太朗には「勝手にその辺でトイレするなっ!」といい続け、守らせ続けていた母ちゃん。
母ちゃんがここでお花摘みをするわけにはいきません。
(今回、うっかりポータブルトイレを家に忘れていたため、緊急用でペットシーツは持参はしていますが、それを使うのもなぁ〜)
あとは林道を歩くだけなので、ペースアップしてトイレに駆け込もうと頑張る母ちゃん。
  頑張ったよ(笑)
母ちゃん、最後まで頑張りました。犬君の事を思いながら頑張りました!


無事登山口のトイレに駆け込み、ほっと一息。
ニノトリイ再建への募金もして、犬号に向かおうとして・・・
 うぉっと、びっくり! 
CIMG1979.jpg
ぶっ、豚ちゃん???
CIMG1982_20181120105704709.jpg
間違いなく豚ちゃんだ。フリーダムでサラダバー中の豚ちゃんでした。

 登山口のお宿で立ち寄り湯。ふひぃ〜〜、癒されるぅ〜〜
休憩含め5時間半の行程。(7時30分出発→13時到着)
母ちゃん、よく頑張りました。うん。
もっと体力と時間があれば・・・いつか縦走チャレンジしてみたいな。
 でもしばらくはこのレベルのお山はいいや。もっとまったりしたお山で体力作りしなきゃ。

それと、やっぱり靴ですね。靴。
自分に合った靴を、ちゃんとした靴紐の結び方できちんと履く。
今回、左足の靴紐を締めすぎてて靴擦れが出来ちゃって、ちょっと痛かった。
反省反省。

さてと、②のお山には行けました。
旅行の行程的には今後どうしよう。
このまま帰宅するのも何だし、もう一泊して明日・・・④に行こうか。
③のお山にチャレンジするのは今回はもう無理だからまた今度ね。
 犬太朗、それでいいかい?いいよね。

お出かけ記録はもう少し続きます。

お出かけwith天使ちゃん その1

まだ本体があった頃に申し込んだバニジャン。
 犬太朗は天使ちゃんになっちゃったけど・・・行ってみようか。
行くか行かないかで迷ったけど、色々思うところもあって行ってきました。


っと、会場に到着する前に、犬君とのお約束の場所へ。
CIMG1855_20181119124025949.jpg
昨年のバニフェスの前にも立ち寄ったお山歩コース。
今年はここからの日の出を見ようと思ったけど、イマイチな雲具合だったので少し出発を遅らせ、明るくなってからの出発。
ご来光見れなくてもまぁいいかって、のんびりお山歩を楽しみます。

 時々ふっと、左手や右手に毛皮が触れる感触。
・・・一緒に歩いてくれてるんだね。錯覚だって分かってるけどさ・・・
気のせいだけど、、、、さ。


サクッと山頂。
 あれっ?まだご来光前だ!!
朝日が昇る方向にある山が高いおかげで、ご来光に間に合っちゃった(笑)
しばしここで待ちましょう。

振り返ると、絶景の八ヶ岳・・・・・・
CIMG1862.jpg
が、完全に雲の中じゃん!!!!
 残念。ここから見るお山、綺麗なのになぁ〜〜

でもでも、低いお山だけどなんだかんだでお山はお山。
風が強い。
 そういえば、去年も風が強かった。そんな事でもなんか懐かしい。
大切な犬太朗との思い出。しみじみ〜〜。

しみじみしてたらご来光。
CIMG1868_201811191240274aa.jpg
おぉ!これをお前と一緒に見たかったんだ。
 でも、見れたね。お前は天使ちゃんだけど。。。
母ちゃんの目を使ってお前も見てごらん。綺麗だよ。

麓にも陽がさします。
CIMG1874_20181119124029537.jpg
ふふふっ、今年も紅葉には間に合わなかったね(笑)
 母ちゃんと犬太朗らしいって言えばらしい。うん。これでいい。


バニフェス受付時間まではまだまだ余裕があります。
ので、ちょっと寄り道。
目的地だったお山の山頂がよく見える場所へ。
CIMG1879_201811191240302b6.jpg
それにしても綺麗にこんもりしたお山だ事。
自然ってすごいなぁ。

 ご来光が見れて満足はしたけど、歩き足りないので、帰り道はほんの少しだけルートを変え、こっちのお山のさんちょーへ。
っと、わぉ!雲が飛ばされてお山が綺麗に見えてる!!!!
CIMG1886_20181119130447d4f.jpg
綺麗だけど、今年はお山に雪が無いね。
去年は雪化粧しててもっと綺麗だったよねー。
 ねぇ犬太朗、雪のお山をバックに撮った写真、覚えてるかい?
今年は・・・本体いないから写真の撮りがいがないな。
写真の写真でも撮ってみようか。
CIMG1884.jpg
・・・・・なんか違う(笑)・・・・・
 母ちゃん、一人で何やってんだろ?
まぁいいか。

そろそろいい時間だし、コーヒー飲みたいからバニフェス会場へと向かいましょうか。



本体がいないから遠い方の駐車場に犬号を停め、とりあえず受付へ。
うふふっ、さすがバニジャン。周りはバニだらけ。
見渡す限りバニバニバニバニバニ祭り。
 実はね、バニフェスに行ってみようと思ったのは、次の仔との事を考えて。
(まだ次の仔を迎えるかどうかもわかんないし、バニかどうかもわかんないけどさ)
選ぶのは犬太朗に任せてあるけど、見つけるのは母ちゃんの役目。
どこで生まれるのか、成犬になってからの仔を里親として迎えるのか・・・
全く分からない状況だけど、色んな仔を見てみたいって思いがあったのです。
母ちゃんの好みのバーニーズは本当はどんな仔なのかな?ってちょっと思ったのさ。
だから一気に色んな血統の仔に会えるバニフェスはうってつけだと思ったのです。
それに、お知り合いさんたちにもお会いしたかったし。
 お土産のオヤツも買いたかったし。


それにしても毎年思い知らさせるのが、他のバーニーズさん達のテンションの高さ。
尻尾の位置が高い仔の多い事多い事。
それが持続してる時間が長い事長い事。
バニってこんなに動く犬だったっけ?こんなにアクティブだったけっ?

普段の犬太朗のテンションの低さが思い出されます。
動かない犬だった。
いざって時は動くけど、普段はスイッチが固くてなかなかな入らないし、
入ったと思ってもすぐにオフになるし。。。
入って欲しくない時に変にスイッチ入ったり・・・・(怒)
 でも、根本的に動かない仔だった。
移動する時は基本は脚側歩行か後ろにくっついて歩くのが当たり前だったし、
尻尾は基本的にだらぁ〜んと下に垂れてたし、当然喋ったらダメだったし、
トイレは申告制で場所指定(ダイレクトキャッチだけどね)だからマーキングもさせなかったし、
  って、あれっ?母ちゃんが厳しすぎたからテンション低い犬になっちゃってたのか!?

こうやって犬太朗本体がいない状態で他のバニさん達を見てると、母ちゃん、育て方を間違えたのではないかと、自分を疑います。
もっと自由にさせてあげれば良かったのかも。
もっともっと犬らしく自由に。
 でもそれじゃ、母ちゃんと二人でどこへでも出かけることはできなかったかも。
お山歩だって、どこでもトイレしちゃう仔じゃ連れて行きたくないし、フラフラどこかへ行ってしまう仔や、引っ張りが強い仔だったら怖くて連れて行かれなかった。
吠えてしまう仔だとお泊まりは控えなきゃって思うし、アクティブに動きまわりたい仔だったら連れて行く先をそれなりに選ばなきゃ満足させてあげられなかっただろうし・・・
  母ちゃん、やっぱり犬太朗が犬太朗で良かったのかも。



会場でどこに陣取ろうかと思案してた母ちゃん。
なんせ本体いないからね。見た目独りだからさ・・・・
どうしようかと思ってた時、急遽来れるようになったと言うお里のボスに会場で偶然会えたので、ご一緒させていただきます。
 空いてるスペースにテーブルと椅子。ようやくコーヒー入れるぞーって意気込んでのんびり準備してると・・・お里の先輩方やお知り合いさん達からいろんな差し入れが!
肉まんに焼きそばにコナコーヒー♪ うまうまー♪ありがとうございます。
犬太朗本体はいないけど、母ちゃん幸せ。
それに本体がいないから、フラっとどこへでも行けるし、いろんな仔を触れる♪

 会場内をふらふらしてたらQちゃん♪
着ぐるみバニちゃんと記念撮影中です。
CIMG1902_20181119130448543.jpg
(中の人になってみたいとちょっと思ってたのは秘密)

ワンダーウーマンぷくにゃん!
CIMG1914_201811191304503a9.jpg
暑さでちょっとばててますか?

他にもお会いできたのに、写真を撮ってなかったり、写真を撮ってしまったけど了解を得てなかったりでして、あまり載せられる写真がなかったりして。
 本体がいないとね、記念撮影もないからね。。。。
やっぱり『ツミキのケンタロウ』を作ってもらうべきかしら?
できればアンテナ付きをオーダーしたいって思ってるんだけど、そんなメンドクサイオーダーをお願いするのは恐縮で言い出せない。


パレード観たり、お店見たり、尻尾フリフリを眺めたり。
バニだらけを堪能します。
いろんな仔が居るなぁ。
白が多い仔、少ない仔。細めのアスリート体型だったり、どっしりもったりしてたり。
小柄だったり大きかったり、ふさふさだったりそれなりだったり。
るんるんしてる仔もいるし、疲れて寝ちゃってる仔もいたりして、それぞれ個性は違うけど、
 やっぱりバニってかわいいなぁ〜〜〜〜
もちろん、かっこいい仔もいます。かっこいいけど、やっぱりかわいい。
バーニーズの可愛さって、どこから湧いて出てくるんだろ?


でもさ、やっぱりわかったんだ。
母ちゃんの中でナンバーワンは犬太朗だって。
『あっ、あの仔可愛い!』って思っても、やっぱり犬太朗の方が可愛くて。
母ちゃん、しばらくはお前の魔法から抜け出せそうにないよ(笑)


プログラムは進み、そろそろおしまいの時間。
遠方から来られてる方もいらっしゃいますし、徐々にお片づけが進んでいく会場内。
CIMG1922.jpg
 こうやってお尻くっつけてのんびりしてるのがバーニーズだよね〜〜

まだまだ元気に遊んでる仔も、もう疲れちゃって車に乗りたい仔も、お別れの時間です。
犬家(見た目は母ちゃん単独)も撤収しましょう。
 皆様にありがとうございますしながら(ご挨拶できなかった方もいますが・・・)帰ります。

帰るけど、犬号は北上します。
(帰宅方向は南下方向)
だってさ、せっかくだから・・・・そのままぷらっと旅行するんだ!





バニジャン。
今年は本体が一緒じゃなかったけど、6回連続参加して来ました。
お世話になりました。
 来年は多分・・・連れていく本体もないでしょうから・・・でしょう。
でも会が続くこと、幸せなバーニーズが増えること、幸せなオーナー様が増え続けることを祈ってます。


母ちゃんは、犬太朗に出会えて幸せです。
本体がいなくなったのはとっても寂しいけど、出会えたことや一緒に過ごした時間が幸せすぎて、寂しさを乗り越えられています。


おまけ
 天使ちゃんのラフ画
CIMG2099_20181119144733fe1.jpg
1m進むのに10秒ぐらいかかる天使ちゃん。(20cmぐらいのミニサイズバージョン)

借りてきた犬

期間限定&時間限定で犬を借りました。
CIMG1669_2018102311051658c.jpg
うん♪おさんぽいこうね♪


旅行で犬太朗母ちゃんがおデブになり、ダイエットしなきゃなんだけど・・・お散歩に独りで行けない母ちゃんの為に救世主が現れました。
 1週間、朝散歩に付き合ってくれるのは、白い女神ソフィー嬢。
ソフィ子、短い間だけどよろしくね。

朝散歩出発時、家を出るのは嫌がるソフィー。
それもそのはず。だってまだ眠いし、パパと添い寝してたいんだもんね。
でもさ、ソフィーパパは疲れてるから寝てたいだろうし、犬太朗母ちゃんはダイエットしたいんだ。
だからお願い。おばちゃんと一緒に散歩いこ!って連れ出します。
 出発さえしてしまえばごきげんで歩いてくれるソフィー。
CIMG1681_201810231105180b0.jpg
あぁ、可愛い。可愛いよぉ〜〜

犬太朗よりアイコンタクト率が高い!
ちらちら見てくれるから、母ちゃんついつい笑顔になっちゃいます。
それに物分りも良い。
犬が前を歩くことに慣れてない母ちゃん。
犬太朗と同じように脚則歩行をしてもらおうと何度か調整すると、次第に何もしなくても隣を歩いていてくれるように。
 やればできる賢い子♪
CIMG1707.jpg 
 んとに可愛くて賢い良い子だ。

とっても良い子で歩いてくれるソ。
でも時々お転婆ちゃんな部分が顔を出します。
CIMG1688.jpg
うん。鳥さん。
捕まえようと思ってるみたいだけど、無理だからやめておきなさい。
CIMG1690_201810231105212c5.jpg
いやっ・・・無理だと思うよ。
犬太朗母ちゃんがリード握りしめてるし。

鳥さんや他のワンコさんを発見すると、すぐに心が子供になっちゃうソフィ子。
大人と子供のちょうど中間な年齢なこともあって、とっても面白いです。
 そう思うと犬太朗は大人になるのが早かったな。。。。

ソフィーと歩く朝散歩。
犬太朗との違いに不思議な感情を覚えつつ、楽しい時間を過ごします。
CIMG1706_20181023110522dee.jpg
いい笑顔だこと。

『ねぇソフィ子、今度の日曜日、犬太朗母ちゃんとソフィーは暇だから、一緒にお出かけしようよ。
ちょうどパパもママも忙しいらしいから、おばちゃんと二人で遊びに行こう!』
そんなことを約束しつつ、毎朝のお散歩を続け・・・待望の日曜日!!!
CIMG1718_20181023131551ddb.jpg
到着!
って、到着が目的じゃなくて、会場をウロウロするのが目的だからね。
CIMG1720_20181023131553611.jpg
おばちゃんが一緒だと安心できないかい?
まさに『借りてきた犬』状態のソフィー。
おやつの試食は出来ないし、アトラクションに参加するなんて以ての外状態。
 そうよね、貴女は人見知り。初めての人がいっぱいいるのは緊張しちゃうんだよね。

他のワンコさんに興味があるにはあるけど、それどころじゃない心境なのか、とにかく借りてきた犬状態のソフィー。(実際に借りてきてる犬なんだけどさっ)
犬太朗母ちゃんには慣れてるとは言え、慣れない場所に来てるからちょっと不安げ。
なのに美人だからすぐに声をかけられちゃうソフィー。

 犬太朗も声をかけられやすいタイプだったけど、ソフィーの比ではありませんでした。
色白だし、美人だし、珍しい犬種のソフィ子。
注目の的と言っても過言ではありません。
 なのに人見知りだし借りてきた犬だし(笑)
母ちゃん、この状況を楽しみます。

会場をウロウロしてたら・・・バニさんも居たけど・・・あっ!ホワイトスイス!
ソフィーよりちょっと小柄なお嬢さんに会え、挨拶させてもらいました。
(写真撮ってない)
うふふっ、バニも可愛いしホワイトスイスも可愛いな♪

ご近所のワン友の花子太郎にも会え、引き続きウロウロしてたら・・・
あっ!またしてもホワイトスイス!!!
CIMG1726_20181023131554454.jpg
しかもダブルだよ。
ホワイトスイスさんズ。男の子はやっぱり一回り大きいね。
うわぁー、ホワイトスイスが3頭も一緒に居るってなると、やっぱり目立つなぁ。
白の魔力、すごいっす。


っと、そこにお久しぶりのコ!
CIMG1730.jpg
ソフィ子、知ってる子(しかも遊んでもらえる子)が居たから大喜び。
会場に来てからずっと緊張しっぱなしだったソフィーの顔に、ようやくちゃんとした笑顔が。
よかったねー。コ、ここであえて良かったよ。

そんなこんなで犬同士挨拶してみたり、人間に遊ばれたりしながら会場をウロウロ。
(何周目だ?)
ウロウロしながら『ソフィー、欲しいものがあったらなんでも買ってあげるよ』とオババカ全開の犬太朗母ちゃん。
なのに肝心のソフィーがそれどころじゃない雰囲気。
 人混みが苦手だけど我慢してる雰囲気が漂ってるし、試食も喉を通らない。
仕方ない。お土産(犬オヤツ)だけ買って帰ろうか。


ソフィーのお駄賃と聖へのお土産を買って、ソフィー家に戻ると、ちょうど用事が終わって帰宅したソフィ父が。
早速新しいオヤツをおねだりしちゃうソフィー。
CIMG1732_201810231349449a6.jpg
かっ、可愛い。おねだりしてる顔が超可愛い!
 あぁ、犬太朗母ちゃん、あなたのおばちゃんで居られることが幸せだぁー!




さてさて、朝散歩ダイエット週間もあっという間に最終日。
お昼過ぎにママが帰ってくるらしいから、それまではソフィーを独り占めできる犬太朗母ちゃん。
 ソフ、ロング散歩行きましょう。

まだ犬太朗が若かった頃にはよく行っていた道を、ソフィーと歩きます。
犬太朗とのことを思い出して、思わず涙ぐんでしまった母ちゃん。
ぐずぐずしてたら・・・心配そうな顔して見つめてくるソフィー。
 ごめんごめん。おばちゃん、大丈夫だよ。ちょっと寂しくなっただけ。
そうだよね、せっかくソと散歩してるんだから、笑顔で楽しまなきゃね。

お嬢さん、お花畑だよ。モデルさんしてくださいな。
CIMG1737_20181023200813ec7.jpg
だと思うけど・・・おばちゃん、植物に詳しくないんだ。
秋桜も咲いてたけど、今年は微妙。
 毎年、犬太朗にモデルをお願いしてたなぁ〜なんて思い出して・・・
はっ、またソフィーが心配そうな顔してる。
ごめんごめん。おばちゃん大丈夫だよ。
そうだね、ソフィーと楽しいお散歩中だもん、寂しくなんかないよ。

ソフだってママやパパと一緒の散歩じゃないからちょっと不安なのに、寂しくなっちゃった犬太朗母ちゃんの心を読んで心配してくれます。
 なんて良い子なんだ。
パピースイッチ入ってない時のソは、素晴らしい伴侶犬。
パピースイッチ入ってる時のソは・・・・そりゃまぁ、犬らしく(?)はっちゃけてて可愛い。
2つの顔をコロコロ入れ替えるソフィー。見てるこちらが思わず笑顔になっちゃいます。

ねぇソフィー、せっかくだから亀さんの広場まで付き合って!

てくてく歩いて亀さん広場へ。
CIMG1742_20181023200815fad.jpg
確かに眩しいね。なんでこんなところに照明が置いてあるんだ???
一頭だけライトアップされてて、不思議で不思議。
一体なんだったんだ???

亀さん広場でちょいっと休憩して、そろそろ帰りましょうか。
CIMG1745_20181023200819d34.jpg
そだね。ちょっとのんびり散歩しちゃったからお腹すいたよね。

ソ家に戻って朝御飯前の休憩。
朝散歩いっぱいしたはずなのに、まだボールで遊びたいと誘ってくるソフィー。
 犬太朗ならすでにぐったり寝てるはずなのに・・・お嬢さん、底なしの体力だね。
朝御飯食べ終わってもまだ遊ぼうとするので、「食後は安静だよ」と説明して撫で撫でタイム。
撫で撫でしてるとウトウトするお嬢さん。可愛い♪
撫で撫で止めると手でちょいちょいって催促。可愛い♪
 犬太朗母ちゃんのお腹がペコペコになるまで撫で撫でタイムは続いたのでした(笑)



本当はソとの「犬太朗母ちゃんダイエット強化週間の為のお散歩代行サービス」(サービスされてるのが犬太朗母ちゃん)はここまでだったのですが、アンコールでこの日の夕方散歩も行かせていただきました。
 犬太朗が若かった頃によく行っていたところに、ソフィーとお散歩に行きたかったのよ。
ソフィーに犬太朗との思い出を話してると、寂しいって思いと同時に犬太朗との絆の深さが思い出されて、ますます犬太朗の事が愛おしくなります。
やっぱり母ちゃんと犬太朗って、相棒だったんだな。
犬太朗が居て、母ちゃんが居る。当たり前の光景だった。

そんな事を思ってソフィーと歩いてると・・・そうだね、そろそろお嬢さんをパパとママの所に返さなきゃね。
ソフ、おばちゃんに付き合ってくれてありがとう。
犬太朗母ちゃん、ソフィ子のおかげで犬太朗の素晴らしさが再確認できたよ。
ほんと、ありがと。愛してるよ。

そして快くソフィーを貸してくれたソフィ父母、ありがとうございました。
借りてきた犬状態のソフィーは、お散歩中とっても良い子でした。
どんなに連れ回してもへこたれないし、ちょっとダッシュするとすぐ笑顔になるし(笑)
パパママが一緒じゃないからちょっと不安なのに、犬太朗母ちゃんの心配もしてくれる、心優しい一面も見せてくれて、素晴らしいお嬢さんでした。
 また一緒に遊んでください♪




んで、犬太朗母ちゃんのダイエット計画は・・・・
一応は効果があったものの、その後の暴飲暴食があり・・・うはははっっっ
 せっかくソフィーに付き合ってもらったのにね(笑)


プロフィール

犬太朗

Author:犬太朗
2013/02/19生まれ
バーニーズマウンテンドッグの男の仔。
『犬太朗』と書いて
『けんたろう』と読みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。