犬太朗が犬太朗になる日までの事。

何となく書いておこうかと思ったので、書いておきます。
 犬太朗が犬太朗になる日までの事。
(文章だけだと寂しいので、ここ数日の花見写真をテキトーに差し込んでおきます)



 まだガンガン仕事してた頃の母ちゃんの楽しみは『犬ブログ等の徘徊』。
いつかまた犬と暮らしたいという夢(叶うなんて微塵にも思ってなかった)を持っていた母ちゃん。
どんなワンコと暮らしたいのか、色々妄想して楽しんでいた頃、バニの写真を観て虜になりました。
CIMG3388_20160401125552daf.jpg
 元々超大型犬・垂れ耳・長毛・もふっと体型のワンコが好きだった母ちゃん。
バニはまさに理想のワンコでした。


 月日は経ち、『そろそろ夢を叶えたら?』と父ちゃんが背中を押してくれました。
その頃はまだ仕事を辞められる状況ではなかったのですが(当時の職では犬と暮らすのは無理)、『いつかの時の為に、犬舎選びだけでも始めてみよう』っと思い、見学申し込みをしてみようと思う犬舎探しを始めました。
 色んなバニブログを読みあさり、気に入ってる仔のお里はどこだろう?って探り、現実的な距離の問題やら色々検討して、とりあえず数社程、ピックアップ。

たまたまぽっかりスケジュールが空いた7月のある日、「母ちゃんの里帰りも兼ねて、先ずはここから見学してみよう」っとなったのが、今のお里。
 その後、他の犬舎も見学に行くつもりでした。
CIMG3389_20160401125554718.jpg


 そして、いざ、見学の日。
お里の前に到着寸前、建物を観た瞬間に『あっ、今じゃないけど、ここで産まれるんだー』って思った母ちゃん。
なんでそう思ったのかは分かりませんが、そう思っちゃったんです。

 半信半疑?と言うか、かなり緊張しながらお里見学スタート。
お里のボスとお話ししてる間、ザックが『撫でたいんでしょ?撫でれば?』って来てくれました。
もふもふ撫でる幸せを噛み締めます。
そして恐れ多くも『大変恐縮ですが、憧れのアイドルに会いたいです』とお願いした母ちゃん。
 そう、憧れのアイドルとは、さんのすけ君でした。
CIMG3414.jpg
ずっと憧れてたので、感無量!生さんのすけー♪だった母ちゃん。
 幸せいっぱい両手いっぱいでさんのすけをもふもふ。

 憧れのアイドルをもふもふした後、またザックの居るお話聞きスペースへ戻りました。
そしてまたザックをもふもふ。もふもふしてる間に、何か分かった母ちゃん。

 ザックと二人っきりになった時、『ねぇ、うちに来る仔、貴方の血縁の仔が良いの』って言いました。
そしたらザックは『ふっ、それはどうかな?』って不敵に笑ったんです。
『なにぉー?本当はザックの仔が良いけど、孫で勘弁してあげるって言ってるのにぃー』っと心では思ったけど、『ザック兄貴、ひとつ宜しく!』って伝え、その日の犬舎見学を終えたのでした。
CIMG3420_20160401125558609.jpg


 『お里はここ。産まれるのはまだ先。後は、生まれたその仔をちゃんと見つけてあげるだけ。』
そう思った母ちゃんは、他の犬舎を見学に行くのをやめました。



 半年かけて徐々に仕事をやめる準備を整えつつ、『犬太郎』が産まれるのを待ってました。
そう、当時はまだ『犬太郎』にしようと思ってたのです。
イマイチしっくり来ないけど、『犬(けん)』は必須だった名前。
(高倉健さん・松平健さん・渡辺謙さん等々、渋くてカッコいい人には『けん』って名前が多かったので、あやかろうと思ってた)
なんとなくくっつけた『太郎』に違和感があったけど、まぁ、産まれて顔を観たら、本当の名前が決まるんだろうと、『犬太郎(仮)』の誕生を待つ日々を過ごしていたのです。
CIMG3425_201604011256004f0.jpg


 仕事が超忙しかった12月の半ばのある日、「なんか、今日、産まれる気がする」って思ったけど、結局産まれてなくてがっかりしたりしてました。
 年が明け、いつ産まれても対応出来るように仕事を調整しつつ、産まれるの待ちをしてる日々に突入。
しかし、待てど暮らせど・・・でした。



 そして運命の2月19日。
仕事しながら『もし今日生まれてたら、父ちゃんと同じ誕生日(笑)。なんか運命じゃない?』なーんて軽〜く思ってました。
 帰宅後、お里のブログをチェック。(←この頃は帰宅後の楽しみ、恒例となってました)

 っと、目に飛び込んで来たのは出産情報。
 『ん?ジュニちゃんが出産したんだー。(←ちょっと前のブログでジュニの出産予定が近い事は知っていました。)』っと画面をスクロール。
1枚目の長男君(現かつお)を見て〜〜〜
2枚目の次男君の写真を見た途端、心の中で叫んだ母ちゃん。

      『犬太郎、みーつけた!!!』
CIMG3428_20160401134656e5d.jpg
   この仔は絶対犬太郎だ。家に来る仔。
 『母ちゃん、約束通り見つけたよ。お前をちゃんと見つけたよ。』


 パピー。それも生まれたばかりの仔。違いなんて分からないはず。
だけど、両手を万歳して(←持ってる人の持ち方加減なだけだけど)『おいらここだよー』って訴えてた犬君。
母ちゃんはどうしてもこの仔を迎えなきゃっと、お里に控えめに連絡したのです。



 そしていざご対面の日。
長男かつおと、次男君を連れて来てくれたお里のボス。
 かつおも可愛いけど・・・やっぱり目が行くのは次男君。
やっぱり犬太郎だ。この仔は犬太郎。
母ちゃんが犬舎見学の日に思った、『ザックの血を引いた仔』。
CIMG3430_2016040113465866a.jpg

 パピーちゃんに会った後、ザックとも会わせてもらいました。
ザックに『貴方の血縁の仔が欲しいって願いを叶えてくれてありがと』ってお礼を言うと『ふふっ、約束だからなっ』ってまたも不敵に笑ったザック。
  かっこいい。やっぱりザックの血縁を望んで良かったって思っちゃいました。


 ちょっと脱線すると、、、
この日の帰り際、ザックに『また来るね』って言ったら、『次は無いから、今、もっと撫でろ』って言ったんです。
7月の時は帰り際、ザックに『また来いよ』って言われたのに・・・
今回は何で?って思いつつも、『次男君に会いに、またすぐ来るから』って言っても、『次は無いから』って何度も何度も言うんです。
 そう、ザックと会えたのはこの日が最後でした。
いまだに母ちゃんの心残りです。
CIMG3435.jpg




 本線に戻ります。


次男君♪犬太郎♪と浮かれる日々。
ところが、母ちゃんの不手際から、次男君は順番的には母ちゃんの仔じゃない事になってました。

母ちゃんの不手際なので、致し方ない事。それに母ちゃんの勘なんて、無いも同然の事。
次男君はどこか良いお宅の仔として育つんだ。
 そう納得はしても・・・どうしても気になる。

でも順番は順番。
 その時の母ちゃんに出来る事は、次男君の幸せを願うだけ。



悶々とした日々を過ごしてた母ちゃん。
 数日後・・・お里から驚くべき連絡を受けとったのです。
「次男君、どう?」

順番だったご家庭が何らかの理由により、今回は辞退されたとの事。
よって、母ちゃんに順番が回って来たのです。
(本当は、母ちゃんの押しが強過ぎて、敢えて理由をつけてご辞退されたんじゃないか?っていまだに思ってますけど・・・本当の所はどうなんでしょうか?)
CIMG3437.jpg

 何はともあれ、次男君が犬太郎に。
母ちゃんの勘は間違ってなかった!


 そこから慌ただしい日々。
仔犬を迎えるべく、リビングの改造をしつつ、仕事の区切りをつけたり、色々色々。



 そんなある日、お里から連絡。
『血統書書くのにね、けんたろーちゃんの名前、犬太朗で書いちゃったけど〜〜云々』
 母ちゃん、それを聞いた途端、ようやくしっくり来たんです。
そう、『郎』ではなく『朗』。違和感は漢字だったんだぁーーーーー!!!!

 もう、途中から話しなんかどーでも良くて、犬太朗が犬太朗って名前だった事に安堵したっていうか、何と言うか、漢字の違いだったなんて単純な事実にずーっと気がつかなかった母ちゃん自身にげんなりしつつも、ようやく嵌った、ようやく落ち着くべき所に落ち着いた事の方が大きくて。
CIMG3438_20160401134702cf8.jpg
 こうして、色んな皆様、色んなワンコ達のおかげで犬太朗が犬太朗になった訳です。
(名前は出してないけど、ここに至るまでに本当に色んなワンコさん達&ご家族の皆様に、間接的、直接、お世話になったのです。皆様、ありがとうございます。そしてこれからも宜しくお願い致します)




 今日、4月1日だけど、嘘じゃないですよ(笑)
3年前の事だから、ちょっと記憶が曖昧だったりはしますけど(汗)
たまたま今日は、犬太朗が眠たくて爆睡してる日。(いつもだけど・・・)
今日は静かに寝かせてあげたい。
 なので、こうやって3年前の事を思い出して書いてみたのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

犬太朗君、素敵~v-352
そんなドラマティックな出会いがあったのですねv-238

バロンもザックの孫。
犬君とはいとこになるのかな?

永遠のアイドル、さんのすけv-345
犬舎さんでさんのすけに出会った時の衝撃v-237
そしてさんのすけの子どもであるバロンを迎えました。


色んな運命が、色んなところで交差して、絡まって・・・
でもちゃんと出会えることが素敵!!

これからもバニライフ、楽しみましょう!!

バロン様

はい♪
 犬君とは偶然の出会いじゃなくて、必然の出会いだったと思っています♪
母ちゃんが探し当て、犬太朗は必死のアピールをしてたんですから。

さんのすけは、母ちゃんにとっても『永遠の憧れのアイドル』でした。
あまりにアイドル過ぎて、恐れ多いぐらい(笑)
生さんのすけをもふもふした時の高揚感!超感動でした。

出会える運命って、ほんとに不思議で素敵♪
 一生懸命引き寄せたり、ほんの偶然だったり、飛び込んで来たり・・・
これからどんな運命が待ってるのか、そう思うとワクワクします♪


 バニライフ、満喫しましょうね♪
プロフィール

犬太朗

Author:犬太朗
2013/02/19生まれ
バーニーズマウンテンドッグの男の仔。
『犬太朗』と書いて
『けんたろう』と読みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター