リン、ありがとう

2015・5・23
 リンが虹の橋の袂へ出発してしまいました。
親分(リン父上様)の最高の子分で、犬達の最高の姐御だったリン。
リンと出会えた事は、犬太朗にとって、凄く幸せな事です。
 出会ってから約2年。いっぱいいっぱいありがとう。ほんとうにありがとう。



 23日にリンが旅立ってから、ずっとずっと写真を見てました。
見てるうちに思い出が蘇り過ぎて・・・ずっと書けずにいたブログ。
 リンの闘病姿を載せたく無いって思いと、ありのままのリンの素晴らしさを残したいって思いが交錯して、今でも書こうかどうか迷ってる部分もあります。
 でもリンが残してくれた最後の思い出。ぽちぽち書きます。


 お散歩中、水を飲んで吐いたりしてたけど、走るし遊ぶしで元気だったリン。
血液検査の結果も別に異常なし。
 ちょっと元気が無いかも?って時に行ったホタルの旅。
これが最後の遠出になりました。
CIMG0148_201505261110344a2.jpg
   調子悪いかもって言うのに、海で泳いじゃって怒られたリン。
 でも結果的に最期の水泳になったから、それで良かったんだよね。


 長旅から帰って来てから、疲れが残ってるっぽかったけど、それでも遊んでいたリン。
4月28日の夕方散歩の時、どうもおかしい。歩くのが精一杯な感じ。
急遽病院へ行き、そして病気発覚。組織球肉腫でした。
肺が侵され、呼吸を助ける為に酸素吸入が始まりました。
 酸素吸入はしてるものの、5日に川遊びに行く事に。
泳ぐ事はダメだけど、脚だけでも楽しめたら良いよねって事で行って来ました。
CIMG1253.jpg
  そして顔を浸けてまた注意されてたリン。本当に水遊び好きだよね。

 犬君は行かなかったけど、その週末にデイキャンプも楽しんだリン。
ところがその後、お散歩も控えなきゃいけない状態に。

 リンがお散歩に行けないなら、リンの所にお散歩に行こうとリン家にちょこちょこ顔を出した犬君。
調子が悪い日があったり、調子良さそうな日があったり。

レーザー治療を試してみたり、色々手を尽くしていたリン家。
オヤツも食べなくなって数日経った木曜日。
『土曜日、海に連れて行こうと思います』っとリン父上様。

金曜日にリン家にお邪魔した時、『リン、明日、海、行こうね。ブランにも会えるよ。』って声をかけると、ちゃんと犬太朗母ちゃんを見つめ返してくれたリン。
リン父上様がその日は仕事を休んで一日リンと一緒に居たからか、いつになくご機嫌なリン。
これなら行ける。またみんなで海に遊びに行けるって思いました。

 リン父上様が、冗談混じりなのか本気なのか時々言ってました。
『海で死んでくれたら良いのに』
  死を望んで言った訳じゃなく、リンの大好きな海で旅立つのが、リンにとって幸せなんじゃないか?って思ってたのだと思います。


 5月23日。約束通り海へ。ブラン家&犬太朗家もお供します。
いつもの海岸じゃないけど、海は海。
砂浜まで車をつけられる海を選んだリン父上様。
 準備を整え、砂浜に降り立ったリン。
『少し歩く?』って立たせてもらって数歩歩いたリン。
CIMG2280_201505261135179c0.jpg
  良かったねー。砂浜だよ。海だよ!来たよ!来れたよ!

 流石に海にちゃっぽんは出来ないけど、潮の匂いと砂浜の感触を楽しんでいたリン。
基地にリンが居て、入れ替わり立ち替わりで遊びに行っては戻って来る犬&人。
CIMG2367.jpg
   家族写真の予定が何故か犬太朗が混ざってる(汗)

 親分(リン父上様)に撫でて貰って幸せそうな顔のリン
CIMG2369_20150526115013c01.jpg
  気持ちいい?本当に来れて良かったよね。

 3日前ぐらいには海に来れるとは思えないぐらい衰弱してたリン。
だけどこの日のリンは元気でした。
目はキラキラして、キョロキョロと色々見て、時々何かを訴える(笑)
CIMG2370.jpg
  ん?お水飲むの?


 時々砂の感触を確かめます
CIMG2371.jpg
   良い笑顔♪リン、可愛いよ。

 水桶にたっぷりとお水を入れてあげたら、水遊びしてるかのように楽しそうにお水を飲んだリン。
海水じゃなかったけど、海でちゃぽちゃぽしてる気分を味わってたのかなぁ?

 お水を飲んでちょっと休憩。
CIMG2373_20150526115018c68.jpg
   口の周り、砂だらけになっちゃうよ。


 リンがのんびりしてたから、犬太朗を隣に。2ショット撮るよー
CIMG2378_20150526120021756.jpg
  これが犬太朗との最期の2ショットになっちゃった(涙)

 マットの上で、時々見上げたり、向きを変えたりしながらくつろぐリン。
CIMG2424_201505261200220d1.jpg
  潮の匂い、堪能してる?
CIMG2425_20150526120023cc1.jpg
   ん〜?その目は、お水リクエストかな?それとも撫で撫でかな?

 リンの周りでみんなが休憩します。
リンを見ながら、犬談義。のんびりと、幸せな時間が続きます。
CIMG2437.jpg
  (これが犬太朗母ちゃんが撮った、リンがこっちの世界に居る最期の写真になりました)

 3時間弱、海を楽しみました。
『そろそろ帰る支度しようか』

ポータブルシャワーを使うために、砂浜からアスファルト面まで10mぐらい車を移動させます。
犬号も移動して、犬を車から降ろして数秒、『リンっ』ってリン父上様の叫び声が聞こえました。
全員が駆けつけると、リンは2・3度呼吸したかに見えました。
でもそのまま・・・

 リン号を移動させ、帰り支度をしようかって時にリンがゴソゴソしたので、しっこかと思って一度車から降ろし、何もしなかったのでもう一度車に乗せた直後の事だったそうです。
リン父上様が後ろから車に乗せ、リン母上様が顔側のケアをするそのタイミングだったのでしょう。
だから父様も母様も、リン家全員がリンの傍に居ました。
ブラン家も犬太朗家もすぐ傍に居たので、すぐに駆けつける事が出来ました。

 何と言うタイミングだったんでしょう。
遊んでる最中でもなく、バイバイしてからの帰り道でもなく、全員がすぐに集まれて、何よりも父様&母様がリンを見てる時を、リンは選んだんです。
なんて凄い仔なんだろう。

 親分(リン父上様)の子分のリンは、親分の言いつけを最期までしっかり守りきりました。
大好きな海で、友達と一緒の時を選んだリン。
寂しくて悲しいのに、不思議と清々しさが残る旅立ちでした。
CIMG2438_20150526120027516.jpg
  (リンが最期に見たであろう風景)



 闘病してたから痩せちゃってたけど、ずっと毛並みは綺麗なままだったリン。
撫で撫で大好きだったから、みんなに撫でてもらいやすいように、毛艶を頑張って保ってたのかな?
海でのリンは、よく笑ってました。
みんなに笑顔を覚えていて欲しかったんだよね。
海に来れて良かったって、みんなにアピールしたかったんだよね。


 翌日の日曜日。ひっそりと火葬。犬は入れない火葬場だったから人間だけで。
リン家・ブラン家・ジンジャー家・犬太朗家。最近よく遊びに行っていたメンバーでお見送りです。
CIMG2447.jpg
   リン家が選んだリンの写真。どれもリンらしくて可愛い写真。
 選ぶの、大変だっただろうな〜。どの写真見ても思い出だらけだもんね。

 

 リン、犬太朗母ちゃんはリンにもう会えない事が、さみしくて仕方ないよ。
全力アタックで飛び込んで来て『おばちゃん、撫でて!』って突き飛ばされたいよ。
顔面パックしたかのような勢いで、『撫でてくれてありがとー』ってベロベロされたいよ。
『お水ちょーだーい』って水桶覗き込んで欲しかったよ。

 もっともっと犬君をきょーいくして欲しかったよ。
海、リンが居ないと犬太朗、入水出来ないよ。
ワンプロして、引っ張りっこして、鬼ごっこも出来る相手って、なかなか居ないんだぞ。


 リン、ありがとう。2年って年月は短かったけど、すっごく充実した2年だったよ。
いっぱい遊んでくれてありがとう。
リンのおかげで色んな仔と友達にもなれたよ。
リンが居たから、犬太朗はが犬君に育ったよ。
ありがとう。いっぱいいっぱいありがとう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

犬太朗

Author:犬太朗
2013/02/19生まれ
バーニーズマウンテンドッグの男の仔。
『犬太朗』と書いて
『けんたろう』と読みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター