訓練の事

匿名のコメントで「大勢の犬が集まるような所に喧嘩する犬を連れて行かない方が良い。せめて訓練してからに」と書かれた犬太朗ブログ。
 もっともな事ですし、先日に於いてはかなり反省する所。
が・・・その事を匿名で書かれた事については若干憤りをおぼえている母ちゃんです。

 『喧嘩する犬』とレッテルを貼られ、今後如何なるイベントも参加するな?
警察犬や盲導犬レベルまで訓練出来たら参加OK?

 巻き込んでしまった仔達&そのオーナー様には、本当に申し訳ないと思っています。
だからこそ「次」は無いようにしなくてはイケナイのです。
 それは、『大勢の犬が集まる所には行かない』のではなく、『大勢の犬が集まって犬太朗がヤバくなる前に対処する』方向性ではいけないのでしょうか。

 訓練とは?
絶対に喧嘩売らない・買わない犬になる訓練なんて無いと思います。
喧嘩に発展しないようにする訓練・売らない買わないように回避する訓練はあると思っています。


 ちょうど良い機会なので、今まで書きたく無くて書かなかった犬太朗の訓練について、少し書いてみようと思います。
文章だけでは寂しいので(このブログはあくまで犬太朗の成長記録なのです)、所々に昨日・今日の『訓練の模様』の写真を織り込んでおきます。
CIMG8309_20151209125623195.jpg
  (昨夕のステイ強化訓練はイルミネーション待ちです)

 犬太朗はかつてグループレッスンを受けていました。
生後1歳前後の頃、同じぐらいの月齢の仔達5頭以上と一緒に、穏やかで小柄で親しみ易い先生の元、犬太朗だけアウェイの場所でのレッスンでした。
 褒め上手の先生は、『皆さん、とても優秀です。ちゃんと出来ているので次に進みましょう。』とニコニコ笑顔で、毎回次のステップへと進めていました。
大雑把には出来ていても、細かい所や所々出来ない事があったりした犬太朗家。
 犬太朗だけはアウェイなので、他の仔達が次回までにどれだけレベルアップしてるのか全く分かりません。
次のレッスン時に他の仔の足を引っ張ってはイケナイと、必死でソロトレに励んだ日々です。
CIMG8311_20151209125625eb4.jpg
(母ちゃんのモデルさんだけではなく、色んな人のモデルもこなさなくてはならなくなり、ステイに飽きてもずーっとモデルしていなきゃいけなくて、必死で頑張る犬太朗)

訓練競技会の先生なので、訓練する項目もそれに準じた項目でした。
基本の脚側歩行から始まった訓練は、あれよあれよと言う間にレベルアップしていきました。
 この訓練スピードと、レッスン時間の長さがプレッシャーだった母ちゃん。
おまけに訓練所近くのイベント開催の為に駐車場難民になったりした事もあり、めげた母ちゃんはグループレッスン引退をする事にしました。

 先生の名誉の為に書きますが、先生は本当に良い先生です。
的確に犬を誘導し『犬は出来るんだよ。人間がちゃんと誘導してあげたらね』と見本を見せてくれ、人間をやる気にさせ、犬も人も褒めてやる気にさせてくれる、本当に穏やかな先生です。
犬太朗母ちゃんには若干プレッシャーではありましたが、おかげでかなりのスピードである程度までの訓練が進んだのは、先生のおかげなのです。
CIMG8322_2015120912562615c.jpg
(やはりステイ強化訓練中の犬)


 グループレッスンは辞めてしまいましたが、それ以降もずっと自主トレは続けています。

今行っている訓練は、基本的に3パターン。
 1つ目は『プチトレ』。
時々ブログにも書いていますが、散歩『途中』で行うものです。
基本的な脚側歩行や遠隔等々をざっくりおさらいします。
CIMG8323.jpg


 2つ目は『ご飯前及び室内での訓練』
新たな事へのチャレンジをするのは主に室内。特にご飯前に少しだけが基本。
今は、今まで声符&視符だったコマンドを、視符のみでも出来るように訓練中。
壁にぶち当たる事も多い訓練ですが、ご褒美にご飯やオヤツがあるのは基本室内訓練のみ。
犬太朗が一番報われる訓練なので、それなりに頑張ってくれます。
CIMG8325_20151209163722ef5.jpg



 3つ目は『散歩スタート(疲れていなければ終わりも)時の訓練』
これは散歩毎に繰り返される『ながら訓練』です。
約400m、着実に脚即歩行(紐付き)。交差点や何も無い所で急に止まってみたり、歩調を変えたり、突然方向を変えたり、信号待ちは座って待たせたり。
訓練って書くと恥ずかしいぐらいの訓練です。
『それってすごく当たり前の普通の散歩じゃん』ってレベルかも知れません。
 犬太朗の訓練じゃない時の散歩体勢はゆるく、『母ちゃんより前を歩かなければ、どこを歩いていてもOK』なので、この400mだけは着実に左側で脚即させる事にしてあります。
CIMG8326.jpg


 こんな感じの訓練ですが、母ちゃん的には頑張ってる方だと思います。
お金をかけてちゃんと訓練士さんについて、着実に訓練しなきゃダメなんでしょうか?
大会に出て賞を貰ったり、競技会で試験を受け、結果を残さなければ訓練してるとは言えないんでしょうか?
訓練の目的は、人間との信頼性を高めるための、一種の手段だと思っています。
だからこそ、犬太朗が楽しいと思える時間内・範囲内での訓練に留めたいと思っています。

 結局、今の所『結果』は伴っていないので、訓練してるとは言えないのかもしれません。
普段は全く手のかからない犬太朗ですが、あの時は本当に散々な結果でした。
CIMG8328_2015120915402397a.jpg


 あれから色々考え、『訓練』としては今まで通りの事を着実に完璧を目指して強化するしかないと思っています。
そしてその他に、大勢の犬が集まる時はきちんと対策を立てるしかないであろうと。
途中で断念するのもしかり、犬太朗だけ車に戻すのも、安全対策として必要な事でしょう。
もしかしたらイベントに行ったのに、車から降りないで終わる事もあるかも知れません。
 それでもイベントに行ってはイケナイのでしょうか?
CIMG8329_201512091540245b8.jpg


 今まで訓練について書きたく無かった理由は色々ありますが・・・
グループレッスンについては、人間の訓練だと思っていたので書かなかっただけ。
日々の訓練についてあまり書かなかったのは、今は訓練士さんに付いて訓練してる訳ではないので正確には『訓練してない』事になるんだろうなと思ったから。
結果が伴ってないので訓練してますなんて恥ずかしくて言えないって気持ちもあります。


 普段は困らない犬の犬太朗。むしろ便利な面が多いぐらい。
親の欲目と言われるでしょうが、普段の犬太朗は本当に手のかからない良い仔です。
(朝起きないとか、散歩前に起きないとか、食べても太らないとかはありますけどね)
パピーに優しく、人間の子供にも優しい、ごくごく当たり前の大型犬しています。
だからこそ、母子でどこへでも出かけようと思えるのですから。

 開き直る訳ではありませんが、今後も色んな所に犬太朗と共に出かけるつもりです。
ただ、今まで通りに出かける訳ではなく、きちんと傾向と対策をたて、勇気ある断念も視野に入れて行動すべきだと心に誓って、無理をせず、誰も巻き込まないように細心の注意を払い続けるのみ。
あと、万が一の時の為に母ちゃんの筋トレもしなきゃかな?
   それでも出かけちゃダメなのかな?ちょっと弱気になりそうな母ちゃんです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

犬君の訓練、りゅのすけなんかよりちゃんとやってる!
男の子だからママさんの言うパーソナルスペースだけの問題なんだと私は思います。
かつて初めて男の子の○○君とお会いしたとき、
(プライバシーもあるのであえて名前は伏せますがお互いガウラーだったので
犬母さんもよく知ってるワンコですw)
公園で待ち合わせしてもはじめましてのご挨拶は
駐車場でお互い15m離れてでしたw
それから3、40分かけておしゃべりしながら徐々に近づき
最終的には犬同士2mまで近寄るとこができました。
ガウらなかった!でも絶対目を合わせてませんでしたけどねw
でもそれでいいんです。
とっくみあって遊ぶだけがいい関係じゃない。色々ある、大人だし。
時には1時間、2時間必要かもしれません。(犬舎では2時間かかった…)
ワンコ同士の相性でどうしてもだめな場合もあるかもしれないし、
いつもは大丈夫でも時に気が立ってる場合だってあるかもしれません。

同じ悩みを持ってた頃、先生に相談した時に
 「飼い主が自分の犬がガウるのが怖いからって犬のいる場所から遠ざかると
  どんどん孤立した犬になって社会科化が全くできない犬になるよ。
  犬と犬の距離を飼い主がちゃんと保ってどんどん連れて行かなくちゃダメ!
  飼い主としか遊べない孤独な犬になる、それでもいいの?」
  と言われ、ガツンと来たのを覚えてます。

母ちゃん大変かもしれない。いや、大変だと思う。
時間もかかるかもしれません。
でも同じ悩みを持ってたりゅうのすけ母は応援してます!
筋トレ・・・腹筋ローラーでやってたよ!!w
長文でごめんさないmm

りゅうのすけ母様

ありがとうございます。
 かつて苦労されたりゅうのすけ家のお話しを聞いてる時、挙動不審な犬太朗とは対照的に、足元で穏やかに過ごしてるりゅうさんの事を本当に羨ましく思いました。
と同時に希望を持って過ごして行こうと決心しました。

いつもは大丈夫でも〜〜って事があって、かなり悩んだ時があります。(相手は男気溢れるオカマちゃんでした)
ずっと絡んで遊び回ってた仔と、突然ダメになった事もあります。
時と場合で色々なんだなって、実感しています。

犬太朗の場合、『ぴぃぴぃ(あの仔の傍に行ってみたい!)』って近寄った挙げ句のガウガウだったりするので、なかなか距離を保つのが難しい時もあったりします。
が、細心の注意を払えばガウガウを回避する事だって出来るはず。
先ずは母ちゃんが頑張らなきゃですね。

 距離を保っての『距離』の見極めが問題なんですよね。
今後、迷惑をかける事がないよう、見極めをしっかりしてお出かけしようと思います。
(匿名さんはそれが迷惑だって言ってますけどね。今後社会化したいならちゃんと訓練してからにして下さいって内容が書かれてますから・・・)


もうすぐ3歳を迎える犬太朗。多分一番血気盛んな時期かと思っています。
この時期をうまく乗り越え、穏やかな犬になるその日まで、母ちゃんは慎重に犬太朗を連れ回そうと思ってます。
 りゅうのすけ母様、見守っていて下さい!
プロフィール

犬太朗

Author:犬太朗
2013/02/19生まれ
バーニーズマウンテンドッグの男の仔。
『犬太朗』と書いて
『けんたろう』と読みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター